シミ対策のための紫外線対策

シミを消す前に考えるべき対策

シミの原因のひとつといわれているのが「紫外線」です。
紫外線を長期間浴び続けると、人間の皮膚ではメラニン生成が盛んになり、メラニン色素が過剰になることによってシミが発生しやすくなります。せっかく美白化粧品でシミを消す努力をしても、紫外線で新たなシミを作っては何にもなりません。
敏感肌のためのスキンケア、化粧水で対策を!

ミを消すには、紫外線を浴びないことがポイントのひとつとなります。 世界的規模で見ると、オーストラリアは紫外線量が多い国として知られています。 反対に、北ヨーロッパは紫外線が弱い地域とされています。

日本でも、九州や沖縄は紫外線量が多く、北海道・秋田・青森は少ないといわれています。 しかし、いくら予防のためといっても、住む場所は簡単には変えられません。 ここでは自宅でも手軽にできるシミ対策の予防法をご紹介しましょう。

■「日焼け止め化粧品」を使う
市販の日焼け止め化粧品には、さまざまな種類があります。 一般的なのは、ファンデーションを塗る前に使用する下地クリームの「サンスクリーン」です。 日焼け止め化粧品は、「SPF」や「PA」の値で効果を計ることができます。 「SPF」はこの値が高くなればなるほど、日焼けの防止効果が高くなります。 「PA」の効果は「+」の数で表わされ、「+」が多ければ日焼け止めの効果が高いものです。

■帽子・日傘・ジャケット
シミ対策の紫外線予防法としては、帽子や日傘、ジャケットなども効果があります。 つばの広い帽子は、シミ対策の紫外線予防だけでなく、日射病を防ぐのにも役立ちます。

顔だけでなく、頭全体や首筋も日射しから守ってくれるデザインのものがおすすめです。 最近人気になっているのが、UV効果のある日傘です。

雨用の傘を用いても構いませんが、日傘か、またはUV効果のある専用の日傘を選ぶと効果的です。 紫外線予防には、長袖のジャケットやコートも効果があります。 素材はポリエステルが効果的ですが、最近では綿素材のものでもUV加工が施されているものも販売されています。