シミ対策のための紫外線対策

シミを消す前に考えるべき対策



シミの原因のひとつといわれているのが「紫外線」です。
紫外線を長期間浴び続けると、人間の皮膚ではメラニン生成が盛んになり、メラニン色素が過剰になることによってシミが発生しやすくなります。せっかく美白化粧品でシミを消す努力をしても、紫外線で新たなシミを作っては何にもなりません。
敏感肌のためのスキンケア、化粧水で対策を!

ミを消すには、紫外線を浴びないことがポイントのひとつとなります。 世界的規模で見ると、オーストラリアは紫外線量が多い国として知られています。 反対に、北ヨーロッパは紫外線が弱い地域とされています。

日本でも、九州や沖縄は紫外線量が多く、北海道・秋田・青森は少ないといわれています。 しかし、いくら予防のためといっても、住む場所は簡単には変えられません。 ここでは自宅でも手軽にできるシミ対策の予防法をご紹介しましょう。

■「日焼け止め化粧品」を使う
市販の日焼け止め化粧品には、さまざまな種類があります。 一般的なのは、ファンデーションを塗る前に使用する下地クリームの「サンスクリーン」です。 日焼け止め化粧品は、「SPF」や「PA」の値で効果を計ることができます。 「SPF」はこの値が高くなればなるほど、日焼けの防止効果が高くなります。 「PA」の効果は「+」の数で表わされ、「+」が多ければ日焼け止めの効果が高いものです。

■帽子・日傘・ジャケット
シミ対策の紫外線予防法としては、帽子や日傘、ジャケットなども効果があります。 つばの広い帽子は、シミ対策の紫外線予防だけでなく、日射病を防ぐのにも役立ちます。

顔だけでなく、頭全体や首筋も日射しから守ってくれるデザインのものがおすすめです。 最近人気になっているのが、UV効果のある日傘です。

雨用の傘を用いても構いませんが、日傘か、またはUV効果のある専用の日傘を選ぶと効果的です。 紫外線予防には、長袖のジャケットやコートも効果があります。 素材はポリエステルが効果的ですが、最近では綿素材のものでもUV加工が施されているものも販売されています。

首のシワって予防できるの?

意外と目立つ首のシワは、少しでも防げると嬉しいですね。 普段の生活で首のシワを作らないようにすることって出来るのでしょうか。

首にできるシワは、やはり加齢が一番の原因だと言われます。 加齢により筋肉量が低下すると共にお肌も老化します。 それによって保水成分であるコラーゲンなどが減少し、たるみが気になってくるのです。

そういったこと以外にも、就寝時に枕が高い場合も関係します。 枕が高いと就寝中にずっと首にシワが出来ている状態になり、首にシワが記憶されます。 ほかにも乾燥や紫外線、不規則な食事やストレスなども関係します。 最近は活性酸素の増加が、シワの原因とも言われてます。

では、それらの原因から首のシワを少しでも予防することは出来るのでしょうか。 まずは就寝時の枕の高さ。これはやはり低いものが良いですね。 少しでも首にシワがよらないように上を向いて寝るのも良いでしょう。

お肌の乾燥を招く紫外線は、水分を奪いコラーゲンに大きな影響を及ぼします。 そんな紫外線への対策は、やはり日焼け止めを塗ることが大切です。 顔だけでなく、首にもしっかり塗りましょう。 日傘やストールでの紫外線対策も有効です。

加齢による首のシワは、やはり首のエクササイズで筋肉を鍛えるのが良いでしょう。 首を左右にゆっくり回し、下あごを突き出して口を開いて10秒キープ。 そんな簡単なエクササイズでも、毎日コツコツと行うと効果がでてきますよ。

小じわの原因で一番大きいのは乾燥です。 首のシワも例外ではなく、乾燥による影響も大きく受けます。 お顔のスキンケアを行うと同時に、首元もやさしく保湿してくださいね。

ここでやりがちなことがマッサージですが、首の皮膚は大変薄く刺激を受けやすくなっています。 強くマッサージしたり、やりすぎたりするのは厳禁です。 やさしく丁寧にケアしてあげてくださいね。

これらのように、首のシワができる原因は様々です。 シワ対策の方法もいろいろありますので、ご自分にあったものを気長に続けていくと良いでしょう。

どうしておでこにシワができるのか

おでこのシワはとても目立ちます。 そして、老けて見える一番の要因がおでこのシワと言っても良いでしょう。

目を大きく開いたときに良く現れるおでこのシワですが、 そのまま放置しておくと深く大きなシワが刻まれていきます。

また、おでこのシワは加齢で現れるのはもちろんですが、若い方でもおでこのシワで悩んでいる方も多いようです。 では、おでこのシワはどうして出来てしまうのでしょう。

加齢以外の原因で、おでこにシワができるのは何があると思いますか? それは普段浴びている紫外線の影響があります。紫外線が肌へ与えるダメージは計り知れません。 おでこは広く大きいため、日差しを受けやすく刺激もたくさん伝わる部分です。

そして乾燥もシワの原因になります。 おでこは皮脂の分泌量が多いため乾燥とは関係ない気がしますが、 皮脂の分泌が多いために洗いすぎてしまうと言うことが考えられます。 また、油とり紙で必要以上の皮脂を取ってしまうことも原因になるようです。

そして若い方でもおでこにシワができるもう一つの原因は、日頃から行っている表情癖でしょう。 何気ない動作でついついおでこにシワの寄るような表情をしていませんか? 少しずつの積み重ねでも、何年、何十年と続ければ深く大きなシワができてしまいます。

おでこにシワを寄せないようにするには、 あまり笑ったりせず無表情のまま生活すればよいのでは?と思いがちですが、 それでは表情筋が更に衰え、しわやたるみが出来る原因にもなってしまいます。

しっかりと毎日スキンケアを行い、ゆっくりやさしくマッサージをしながら表情筋のトレーニングを行いましょう。 ストレスを感じたり、夜中に眠れなかったり、疲れがたまってしまったときなどは要注意。 眉間にしわがよっていませんか?

毎日の暮らしに少しだけ余裕を持つことで、心の余裕も出てきます。 ゆったりのんびりと、おでこのマッサージに取り組んでみてはいかがでしょうか。

↑ PAGE TOP